読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外部記憶装置

増田貴久くんについていろいろ考えたり思ったり忘れたくなかったりすることを書いておくとこです。

就活生からのお悩みメールへ

2016年5月27日のマスターヒッツ。

やりたい事がわからない、なにが出来るのかもわからない、と悩んでいる就活生からのメール。増田くんの回答が素敵だったので書き起こしました。(「まぁね」の口癖を一部省いてます 笑)

 

「やりたいことがまだ決まってない、けどまあ、就活をして、働いてっていわれたけど断っちゃってるんですね。あらら。なるほどーでもまぁ難しいですよね、ほんとにやりたいことを見つけるっていうのって‥まぁなんならね、見つけられてる人の方が、運がいいというか、ね、タイミングもあるだろうけど、珍しいのかなとも思うんで。

 

 やりたいことを探すために働くとか、やりたいことをするために働くってことも、多分あると思うし‥。ほんとにやりたいことをみつけて‥それが仕事なのか、プライベートで出来ることなのか、っていうのはね色々あると思いますけど、人それぞれね?違うかもしれないですけど‥

 

 まぁまぁそんな、ね?見つからないのもまぁ普通ですよね。逆に、多分もっともっとぜんぜん年上の人でも、本当に一番自分がやりたいことが、ね、見つけられてない方も、多分いると思うし。これから見つけるっていうね、場合もあると思うんだよね。

 

 是非働いて欲しいといってくれるその環境で何かが自分が変わるかもしれないしね、自分をそれだけ必要としてくれるんだ、っていう、こともあるんじゃないですか。

 

 だから、今すぐ働かなきゃいけないという状況じゃないんだとするならば、まぁゆっくり探していけばいいのかなーとも思いますけど。

 

 んーまぁでも、就活してて、働けるとこがあるならこう働いてみて、色々こう、そこの中で探していくっていうのも、いいのかなーとも思いますけど‥。

 ちょっとまた、進展というか、どうしたか、メールください。まってます。」

 

このひとは天職に出会っている、んだよね? まっすー。そういう自分でいながら、何がやりたいか分からない人へ寄り添って、共感できるんだなぁ。

増田くんは、特に事務所に興味があった訳ではなく、連れられて行ったオーディションでハマってしまった人、だからかな。

やってみたら、見つかるかもしれない。

もっと年上のひとでも、見つけてないかもしれない。

見つけてる人が、「運がいい」ひとで「めずらしい」と。

タイミングが合わなかったらそうならないかもしれないと。

やりたい事はもしかして仕事ではない何かかもしれない。「やりたい事をするために働く」というケースさえもあげて。

 

自分を見つめ直してみろとか、得意なものはあるはずだとかの理想論をぶつけることが、一切なかった。

この柔らかさと優しさと視野の広さ。すごいわ。