読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外部記憶装置

増田貴久くんについていろいろ考えたり思ったり忘れたくなかったりすることを書いておくとこです。

White 仙台 4月5日

私にとってまさかの3週連続遠征の最終日でございます。私の現在の予定は残るはドームのみ。(ほかの公演のチケット探してるけどどうですかね…。)

帰りの新幹線でビール飲みながらライブを語るっていうのは実は憧れだったので、最後の最後までとても楽しく過ごさせていただきました。連れて行ってくださった方、ほんとにいろいろとお世話になりました。ありがとうございました。

私の席のまわりのお客さんが若い方が多くて、いやぁ盛り上がってましたねえ!素敵素敵。仙台の客層は、見た目はけっこうおとなしく、ツアーT着てる人も少なめだし派手な方があんまりいないかな? ちょっとそこまでのお洋服で来られてる感じだったんですけど、ライブになったら最初からものすごくテンション高くて楽しかったです。

名古屋でこのツアーをはじめて見たときから仙台までで私は合計4回見させていただいたのですけど、4回ともどの場面でも増田くんが「増田貴久」でした。例えば今までね、「まっすー」やっている時と衣装替えなどでステージを降りて移動している時とのギャップがあったのですが、そんで私は「まっすー」を脱いでる時の方の彼をより見たかったのでいつもスポットライトから外れた時を狙ってガン見してたの。ですが、今回、私が見た限りに於いては、そのようなことが無いんですよね。28歳男子がそのまま楽屋から出てきて装わず守らず自然体でそこに居る。ギャップがない。ふざけて「かわいい」をやることはあっても、装ったそれではない。彼の変化…変化というのとは違うか…準備が整った感じ。変わってはいないんだと思うんですね、意図して見せていなかっただけだから。そんな、自然体の28の男がほんとうにかっこいいの。余裕があって。

昨年1年は完全にガードを外した1年だったんだな。もう自由にしたのね、自分を。

私のブログを読んでいただいている方がいらっしゃるとしたらご理解いただけるかと思いますが…私はこの時期を、いつくるのか、今か今かと、待ち望んでいたわけです。

彼を守る硬いコートの中に隠されていた彼本体は私の想像以上の力強さでした。それを脱ぎ捨てて身軽になった彼はびっくりするほどの大人の男でした。もちろん「まっすー」を内包したままの。かわいくてかっこよくて面白くて包容力あって…。

 

さて。以下はネタバレありです。

私基本的には黙ってライブ見てるので、だからこそテゴマスのライブのメンバー紹介で「まっすー」って呼ばせる演出は好きなの。堂々と呼べるから(笑)。同じように、このWhiteで衣装替えの時に増田くんだけ出てこなくて手越くんが呼ばせるでしょ、「まっすー」って。嬉しいっす!それで登場するモニターのふざけた28歳ドアップね/////

5日仙台公演での最大の話題はやっぱ手越くんのピアノの音が鳴らなかったってことですよね。鳴らない、と把握した後の彼の決断の速さね。肝が座ってる。ピアノ弾き語りのところをアカペラで歌い通しました。追い込まれた時の手越くん強いな!流石と思いましたです。それとピアノに神経入ってない分+追い込まれてる分、歌が、私が聴いた中で一番迫力あって良かった。ピアノがあると「私が」心配で「私が」歌に集中できなかったというのは、ある(笑)。あと個人的にはヴォーカルは楽器やらないで歌だけに気持ちを乗せてほしいと思ってるので(ヴォーカルに力いれてるのであれば特に)そんなに弾き語りにテンションあがらないというのも、あります。まぁでもそれは私の個人の都合で、手越くんの弾き語りが見たかった方はやっぱり多いんだろうし、これはもうスタッフあとですごい反省するんだろうなっては思ったんだけども、歌はほんとに良かったのでがっかりすることないと思うんだ>お客さん。ピアノ弾き語りはあとで映像化で確認できるだろうし。

からのSkye Beautiful。双眼鏡で見ると全体を見られないのはやっぱり勿体無いし、彼の表現を半分しか受け取れなくなってしまうんだよね。私はもう地方公演はここで最後の可能性があるので、この日はなるべくそのままで全体を見るようにしました。名古屋の日でそうしたように。そうすると泣けてしょうがないですねえ。なんだろうね、この圧力は。彼の表現と表現しようとするその思いをまっすぐストレートに受け取ると感動してしまう。

衣装。実は増田くん以外の衣装をろくすっぽ見てなかったのね。この日の前日にお会いしたけいちゃん担の方が、けいちゃんのタータンの衣装がカッコイイっておっしゃられていたのでそれもチェックしなくちゃって思って意識してけいちゃんを見たの。いやぁほんとかっこいい!北欧か中欧かどこかの民族衣装着た人っぽい。ってタータンがそもそもスコットランド民族衣装だけど、背が高くて足が長いから印象が変わるのかな、けいちゃんに合わせたデザインになってるしね。このタータンの衣装は手越くんのもわたしお気に入りでして、なにがかわいいってレギンスがかわいいですね。

黒い衣装は、さらに増田くんしか見てなくって気がつかなかったんだけど、なんだ、みんなは白シャツ+黒い細いタイではないのか。

ピンクのフードつきの衣装はシューズが同じ色のナイキ。シューズがお揃いなのがすっごいよいー。フードをみんなに被せるけいちゃんと、それを「wink up的」と表現するまっすー…笑

本日のこやます…的な場面は、次の公演は5/1でけいちゃんのお誕生日、というネタ。何かやってくれるの?俺が用意したほうがいいの?って言うけいちゃんを3人が散々いじり倒した挙句の増田くん、ちゃんとそういうの用意するからと「むっちゃ期待すんのやめろや(笑)」って言った。この言い方が男っぽすぎて、素の姿すぎて、楽屋からそのまんまだろコイツすぎて倒れるか思いました>< この日いち重要な場面>< かこいい>< 兄さん裏番すぎる><w

あああとはあれだ。せくぞんの中島くんにご飯つれてってほしいという話題で、身長差があるからって、手越くんをじぶん、じぶんを中島くん設定で話す増田くん、手越くんちょっとしゃがんでもらって、このくらい身長差あるから…ってとこで手越くんが「そんなにおっきいの…?」って言ったのがすんげえかわいかったです。…からの、せくしーぞーんはせくしーなのかのくだりで「一回確認するよね」って体を横にして下覗き込む仕草をする増田くん。兄さん兄さん兄さんちょっと楽屋からそのまま出てきすぎですから><w

そんなこんなでこの日もMC絶好調で面白くって笑ったね。両日とも非常に楽しい仙台公演でした。牛タンもおいしかったし、仙台個人的に昔馴染みの街で、好きです。ありがとうございました。