読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外部記憶装置

増田貴久くんについていろいろ考えたり思ったり忘れたくなかったりすることを書いておくとこです。

テゴマスの青春 横浜3/28

今頃すみません。

 

今更なにか書いて意味があるのかと思うのだけど、ここは忘れてしまわないための場所なので。まだ記憶に残ってるうちになにかしら残しておきます。

 

正直横浜1公演しか行けないとは、チケット申し込み時点では思ってもいなかったのですよね。しかもこれ、おともだちが当ててくれたんであってワタシは全滅ですしね(いつものことといえば、いつものことなんだけど 泣)。

 

こんな風に生で声を聞ける経験はそのうちなくなってしまうのではないか、と、「まほう」ツアー中に思った事があったんだよね。テゴマスが、もっと彼らの魅力に即した評価を得たらばそうなって当たり前で。もちろんそうなることが幸せなんだけど、でも、チケットは取れなくなるんだろなぁ、なんてぼんやりと考えてたことがあったんだ。

まして彼らは普通のヴォーカリストではなくアイドルであり。…。

 

そんな。

アイドルとヴォーカリスト(ミュージシャン)を極めようとしている2人が横浜に帰ってきたヨ公演の初日です。

 

関係者入場口に用意されたテーブルの上の用紙と付箋の多さ。この日は取材がたくさん入った公演だったんですね。

だからなのか、まぁこんなに固いテゴマスを見るのはいつぶりだろう?はじめてかな?ぐらいの、ガッチガチの2人でした。個人的には、より手越さんが固かったナーと思いましたが。MCも大人しくてね。

それでも私はこのガチガチの2人も愛しくて、レアだわーって思いながら楽しんでました。まっすーはやっぱりおかしな兄さんで、小ボケがいちいちワタシのツボにクリティカルヒットするので終始面白くてたまらなかったデス。大好き!(はいはい…)

 

覚えてる限りで印象深かったとこ。詳しいはなしは他の方のブログなどに書いてあるんじゃないかと思います(他力本願)

・タイムマシンについてのMC。未来なら車飛んでるんじゃないかのくだりで、駐車する(車庫入れだっけ?)のに電柱にぶつかりそうって言う兄さんの発想

・キャンドルのセットは自動だと言うが超手動スタッフ一所懸命働いてる><

・従わせるのが好きなてごしさん(ヒャハハハハって笑っててヤヴァいw)

・飛びながらシャー!(猫) ひたすらやる。ひたすらやる。

あ、あたし1回まっすーに言いたいんだけど。「猫は猫砂そんなふうにしません」て。

ハモニカ失敗やりなおしからのドヤ顔

べつにやりなおすほどでもなかったけどな?

・お椀はリユースじゃなかった!(この日一番のびっくり)おわん新調!

そこまでしてお椀推しの謎…

・「終わらないで」を「あとー3曲でコンサートも終わるー」とやればいいのでは、という案を思いついたがそのあと「白い歯がこぼれだしてるぼくら」笑ってるΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

・上から登場するバクステ驚いた

・ガタイのいい人の筋肉が感じられる青春T(あかん)

・すげえかこいかったすげえかっこいかったすげぇかっ…

・サインボール(デカめ)を客席にダイレクトシュートする兄さん(あかん)

・あかん

 

・ぜんぶあかん

 

…。えっと。なんでしたっけ。

 

 

 最後にヒカリの中消えて行く2人という演出すんげえ寂しいのですけどなんとかして。ほんとーに次のステージで会える保証はないんだよううう!><

って思ったデス。

 

…この日行けてよかった。だいじにだいじにするよ。

 

1公演1公演が特別でその日と別の日は違う日で、比べてどっちがイイとかどうとかいうのが好きではないワタシ(良席という言葉も違和感あるです)。

今日という日は今日しかないんだよ、という意味でも、比べる発言はなるべくなるべく注意しては、います。でもあえて、両方行けたから言える事であるというのは踏まえているつもりですが、あえて。

テゴマスはアリーナが合ってると思う。

今後は、行けない人をなるべく少なくするためにも、また、自分たちにあったキャパという意味でも、腰すえて最初っから最後までアリーナでやってほしい。

苦言めいたことを言うのは柄ではないんだけど、君らは、そういう存在だよ、ってのは、言いたいな。君らはホール向きではない。ホールでは君らの存在がはみ出してしまうんだよ。君らのエネルギーが納まらないよホールには。

 

今後彼らがますます忙しくなると、テゴマスのアーティストとしての仕事にどれだけ時間を割けるのかとも思うけど、テゴマスはそれこそ彼らがじーちゃんになっても続くだろうなと私は勝手に思ってるので、まぁ急がず、とはいえ忘れっぽい日本人オーディエンスはそこそこ欲求に答えつつの、着実に確実に歩んでいってほしいなと。

ホールに戻ってくるのはもっとおっさんになってからでいい。

ヒカリの中に消える2人を思い出しながら感想を書いてみました。はい。